×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Welcome!
 トロント・ビクトリア・バンクーバーでのカナダ留学・ホームステイの体験談、留学準備・Tipsやカナダ旅行記などを綴りました。
 ●Homepageに戻る | ●ToronotoのTOPへ | ●VictoriaのTOPへ | ●VancouverのTOPへ |
 そちぷのカナダ留学 >> Tips
 

カナダ留学の反省・発見・オススメ、etc..
ホストファミリーに人気の日本人
日本人の場合、ほとんどのホストファミリーで好かれるカナダのホームステイ。
Japanese ONLYのステイ先もあるくらいで、とにかく日本人人気はあります。
特に「日本人女性」は「日本人男性」よりステイ先は見つけやすい。
そもそも「おとなしくて文句も少なく支払いもきちんとしてくれる」人が多いからかもしれませんが、 そちぷの見解を3つまとめてみました。

日本人学生との生活経験
前述の理由を含めてか、過去にホームステイさせた日本人留学生との間にいい思い出があるホストファミリーは多く、 だから今度も日本人というホストファミリーは多いと思います。

基本的にホームステイにおいて、コミュニケーションは学生の語学力次第です。 ホストファミリーは英語の先生ではなく、会話相手ですので、 何も言わなければ万事オーライと思われるか、恥ずかしがり屋だと思われるのが普通。 人それぞれですが、一緒に住むためにはある程度の責任・自立が求められるのも普通。受身ではダメ。

が、過去に日本人学生との生活経験があるホストファミリーの場合、 言葉足らずでも理解してくれることが多い。結果的に、ホストファミリーにとっても一緒に住みやすいと。 この点、初めての人はホームステイに慣れはじめた頃、語学力アップの錯覚にもなりうるので注意が必要かと。


日本に対する高い好感度
日本に対して、そもそも「ハイテク」とか漠然とした良いイメージをもっている人が多い。 日本の伝統文化もさることながら、 自動車・電化製品・アニメ・ゲームなど海外でも高い評価を受ける製品や作品など、とにかくMade in JapanのValueは高い。 そのことが好印象につながっているのだと思います。


日本の生活感覚と適応力
カナダでホームステイする留学生は世界中からやってきます。
その中で、自費留学する人は、圧倒的に日本人が多い。
ぶっちゃけ世界各地からの留学生の多くが、程度の差こそあれボンボンで、なかにはカナダの庶民宅での生活でもその癖が抜けきらない人も少なくなく、トラブルになるケースもあります。 そちぷの周囲でも、あるホストファミリーの場合、次から2度と同じ国籍の留学生をとりたがらないケースがありました。ビジネスの一面もあるとは言え、懲りてホームステイを受け入れなくなるところもあります。

そもそも異文化コミュニケーションにおいて、良かれと思ってやったことが、逆に注意されてショック受けることもあるかのように、思わぬことがトラブルの原因になりえます。 語学力があればトラブル解決に役立ちますが、生活感覚・常識といったことがホームステイの大前提だと思います。 部屋の整理整頓や、毎日の挨拶、気軽に食事の用意を手伝うとか、ハウスルールだけでなく、そういう自立・助け合いの感覚こそホームステイに一番必要なものだと思います。 だから、根本的には人それぞれですが、カナダでも世間ずれしない生活感覚は迎え入れる方にとっても一番いいのだと思います。

あと、自分から話しかけれる気さくさも大切で、例えば ステイ先の過去の学生の話(放課後はどこで勉強していたか、とか)は、ステイ先に慣れるためにも役に立つと思います。 いいホストファミリーというのは、学生のことをよく覚えていると思いますし、そういう時に人柄のよさもわかるかと思います。

その他のTips

 カナダ人気サイトランキング | カナダ留学総合ガイド  ●掲載内容について。 ●Topに戻る。 ●Homepageに戻る。
掲載内容は管理人そちぷのカナダ留学・語学留学の体験をもとにした個人的な意見です。各人の責任においてご利用ください。