×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Welcome!
 トロント・ビクトリア・バンクーバーでのカナダ留学・ホームステイの体験談、留学準備・Tipsやカナダ旅行記などを綴りました。
 ●Homepageに戻る | ●ToronotoのTOPへ | ●VictoriaのTOPへ | ●VancouverのTOPへ |
 そちぷのカナダ留学 >> Tips
 

カナダ留学の反省・発見・オススメ、etc..
ワーホリVISAのこと
VISAが必要な3ヶ月以上のカナダ生活。
初めてVISAを申請する人の中には、VISAの種類に頭を悩ます人も多いのでは?
長期海外生活でもしない限り、まさに日常生活で気にもしない事のひとつ。
きちんと滞在目的にあったVISAを申請する必要があり、海外生活の大前提。

その中で、観光・学生・就労の機能をあわせもつワーキングホリデーは人気の制度。
一粒で何度も美味しい的なVISAの上に、申請自体が簡単。しかも1年という有効期間もキリがいい。 事実、何千人というワーホリメーカーが毎年カナダに渡っている。

一言でワーホリメーカーといっても色々おり、カナダでロングバケーション満喫という人もおれば、 仕事 > 学校 > バケーションや語学留学一本、そもそも仕事=バケーションのワーホリメーカーともそちぷ自身出会いました。

っで、ワーホリで語学留学する人、特に通学してから仕事したい人には、こうすればいいかもと思うプランがあります。

「通学後に仕事したいからワーホリ」

よりも、

「学生ビザで通学後に一時帰国。そしてワーホリでカムバック、仕事かバケーション」

この場合、滞在期間が長いほど、カナダ生活に慣れて自分の行動に幅がでて、現地での生活パターンも増えるはず。 一時帰国のためのフライトや長期滞在の分の費用はかかり、一概にベストとは言い切れませんが、 こういう発想が出発前にもてなかったことが、そちぷ自身反省するところです。

職に就くためには、努力だけでなく人脈も運も必要。
チャンスはどこにあるかわからない希望的観測、その反面、厳しい雇用状況があるのも現実。 職探しのテクニックだけでなく、現地の雇用状況・求人内容・求人数など環境要因も大きなポイント。 そのため、職探しの期間は、予想以上に長期化することもある。そんな職探しの間でも確実にVISAの有効期間は減っていく。

その点、あなたのカナダ留学・ワーキングホリデー・ホームステイの向こうにある 中長期的な目標のためには、一考の価値があると思います。

以上、老婆心からのアドバイスですが、こういう発想はどう思いますか?

その他のTips

 カナダ人気サイトランキング | カナダ留学総合ガイド  ●掲載内容について。 ●Topに戻る。 ●Homepageに戻る。
掲載内容は管理人そちぷのカナダ留学・語学留学の体験をもとにした個人的な意見です。各人の責任においてご利用ください。