×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 カナダビクトリア留学・ホームステイの体験談、花の町ビクトリアの写真・印象やカナダ留学に役立つTipsやカナダ旅行記を綴りました。
 ●Homepageに戻る | ●VictoriaのTOPへ | ●ホームステイのこと | ●ビクトリアの印象 | ●Victoriaの写真 | ●Victoria系リンク
 そちぷのカナダ留学 >> ビクトリア >> UVIC ELPI
 

ビクトリア大学(UVIC)のELPIコース語学留学体験談
情報収集・資料請求 |  カリキュラム |  フリープログラム | 
授業料 |  学校の雰囲気 |  UVIC ELC Tips | 
情報収集・資料請求
UVIC(ビクトリア大学)の ELC公式サイト
University of Victoria English Language Center
http://www.uvcs.uvic.ca/elc/

インターネットで入学手続きができましたが、結果的に、留学手続きはバンクーバー留学中に自分で手配しました。 そちぷの場合はビクトリアのホームステイ先探しをコネなしの状態から自力調達したので、その時に個人的に知合いになったビクトリア在住の韓国系カナダ人のプライベートホームステイコーディネイターに手伝ってもらいつつ。

公式サイトで書かれていることとパンフレットの記載は、ほぼ一緒でわざわざパンフレットを見る必要はなかったと思います。

パンフレットは東京青山のカナダ大使館内図書館、西新宿にある地球の歩き方・旅のデスクで閲覧できました。 また、新宿にある地球の歩き方・旅のデスク(名古屋・大阪にあるそうです)には体験者の声もファイリングされていました。 留学を真剣に考えている人・相談事がある人は無料でカウンセリングも受けれましたので、疑問も解消できると思います。

カリキュラム
そちぷが受講したELPI(3ヶ月集中プログラム)のコミュニカティブコース(2004年1月開始)について紹介します。

基本クラス
通常授業が月〜木曜日まで毎日半日あります。
午前か午後のどちらかに決まるかはクラス次第です。 1日2コマあり、各授業ごとに先生がおり、つまり担任が2人いることになります。 1コマは約100分だったと思います。

選択クラス
週に1日、選択クラスがありました。 TOEICやTOEFL対策、会話中心やリスニング強化、さらに映像製作や音楽クラスまでいろいろ20くらいはありました。 ただし、クラスレベルに応じて受講制限があり、570の学生より410の学生のほうが選択肢が少ないです。

クラスレベル
上位から順に570、490、410..と3桁数字でレベルがあります。
私立ESLのインターミディエイトで410、ハイインターミディエイトレベルで490くらいだと思いました。 3ヶ月以上(6ヶ月が多かった)通学する学生も多く、その場合はコース終了時の成績に応じて、クラスレベルがアップするシステムを採用しています(80%以上のスコアがある学生が対象)。 ちなみに学部編入を狙う学生のためのレベルは、570とは別にありました。

クラス人数
約15人。
UVIC的には20人前後までなら1クラスにまとめる方針なので、 例えば、2004年春コースの570レベルのコミュニカティブコースのように、20人以上になるケースもありました。 あの場合、コース選択者全員で30人に満たなかったので、あえてスイッチクラスを設けずに1クラスにまとめたようです。

コースやクラスの変更
コース開始後でも変更は受け付けてくれました。 コミュニカティブコースからアカデミックコースへ変更とか、490レベルから410レベルへ変更とか、各人の希望に対応していました。

フリープログラム
UVICのELPIコースには基本と選択授業のほかに、無料でつかえるフリープログラムがいくつもありました。基本的に申込みや利用の際に、学生証を提示しますので、一応。

発音クリニック
任意参加の発音矯正プログラム。1週間に2回、専用の講師とグーループレッスン(3人)。 1回の時間は30分のため、物足りなさを感じるかもしれないが、学生の希望(LとRなど)をレッスンで取り扱ってくれました。 3ヶ月の通学期間中、2度参加者の募集があり、前半期に参加できなかった学生が後半期に参加します。

無料会話クラブ
発音クリニックと同じ建物にあり、ボランティア(UVICの学生もいるがお年寄りが多い)と一対一で会話できます。 発音クリニックより学生に人気があるようでした。 決められた時間ではなく暇が出来たときに立ち寄ることができ、気軽に参加することが出来ます。

会話パートナー制度
特定の会話パートナーと、自由に時間を決めて会うことができるプログラムです。 パートナーの趣味・性別など希望を元に、パートナーを紹介されますが普通は申し込んですぐに紹介されることはなく、しばらく待たなければいけませんでした。 女性パートナーを希望する男子学生は多くなかなか見つかりにくいと思います。

クラブ活動
学部生の部活とは別ですが、サッカー・バスケットボール・バレーボール、などのクラブがあります。 そちぷの場合、1週間に1度バレーボールに参加していました。毎週、学部生のチーム(サークルみたいな)と試合してました。

コーヒーソーシャル
毎週金曜日の午後にあるELPI学生のための大規模なフリー会話セッション。 ELPIの学生のために貸切りのホールを丸ごと使って、クラスメートやそれ以外の学生と自由に話せる場を提供するプログラムです。 コーヒーやマフィン・クッキーが用意されていました(無料)。 各種アクティビティの受付することができる以外にも、時間内にイベントも開催していました。

アクティビティ
アイスホッケー観戦・サッカー観戦、アイススケート、オペラ鑑賞、ボーリング大会など、 放課後の時間を利用したアクティビティから、スキー・スノボー週末旅行とまでありました。


 授業料、学校の印象など続きはUVIC ELPI Page2へ。

比べてみる語学留学タイプ別特徴

バンクーバーのESL語学留学体験談 |  トロントのプライベート英語レッスン体験談



 ●掲載内容について。 ●Topに戻る。 ●Homepageに戻る。
掲載内容は管理人そちぷのカナダ留学・ビクトリア語学留学の体験をもとにした個人的な意見です。各人の責任においてご利用ください。