×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 カナダトロント留学・ホームステイの体験談、カナダ最大のメガシティ・トロントの写真・印象やカナダ留学に役立つTips、カナダ旅行記を綴りました。
 ●Homepageに戻る | ●TorontoのTOPへ | ●プライベートレッスンのこと | ●ホームステイのこと | ●Torontoの写真 | ●Toronto系リンク
 そちぷのカナダ留学 >> トロント >> トロントの印象
 

そちぷが見たカナダ最大の都市
カナダ1多国籍 |  メガシティ |  旅行に便利
カナダ1多国籍
いろんな国の人います。文字通り、ユネスコが認めるとおり多国籍です。
バンクーバーやモントリオールも、多国籍な印象を受けましたがはっきりそれ以上です。

トロントには中華街、リトルイタリー、リトルポルトガル、ギリシア人街、コリアンタウン、ウクレニアンタウンなどの、 いわゆるエスニックタウンがたくさんあり、各々の母国文化がパッチワークのように住み分けられています。 反対にダウンタウンでは、「母国文化のすみわけ」という点からは正反対の面があります。 メトロで隣り合った黒人と白人が、ちょっと話しているのを見たりする機会も多いと思います。

また、食通の人にとって、トロントは絶好の場所です。
例えばダウンタウンのYongストリートを歩けば、ギリシア料理、ベトナム料理、中華料理、インド料理、 日本料理など世界の料理のレストランがあります。(ランチで6〜9ドルくらい。)

他方、多民族国家の現実的な課題として、識字率の普及があります。
現実的に移民のなかには、ほとんど英語が話せず母国語で生活をしている人もいます。 そもそもカナダ政府は移民の英語教育を推進する必要があるのですが、特に近年は税制負担から厳しい状況のようです。

だから、たとえカナダとはいえ、英語が話せないカナダ人にも出会う可能性があります。 ケベック州はフランス語が公用語なのであえて例外しますが、特に移民の多いトロントです。 そちぷの場合、ホームステイ先で英語と同じくらいポーランド語を聞きました。

カナダ最大のコスモポリタンシティは、歩けば分かる「いろんな国の人が作り上げた街」です。

DowntownToronto
イートン・センター前
DowntownToronto
旧市庁舎ちかく

メガシティ
巨大デス。
もともと6つの市が合併して出来たカナダ最大の都市、さすが巨大な都市です。
モントリオールやバンクーバーもカナダで大きな都市ですが、桁違いです。 当然のように、日本人の居住者数は他のカナダの都市より多いです。

留学する学生のなかには、「日本人の少ないところ」をポイントにする人がいますが、 単純にいうと、広域にわたるトロントは日本人を見かけないところだと思います。 観光シーズンでも、バンクーバーのように日本語が聞こえてきた記憶がありません。 この点、バンクーバーは明らかに観光客・日本人留学生・ワーホリメーカーが多い(というか狭いダウンタウンに集中している)。

またトロントの日系コミュニティは、韓国人コミュニティよりマイノリティだと感じました。
バンクーバーは図書館に置かれていた日系のフリーペーパーでも、トロントでは図書館には置かれてません。メガシティ・トロントはカナダのTOKIO砂漠みたいかも。

DowntownToronto
Yonge.StをQueen駅方面へ
DowntownToronto
UNION駅近くのビジネス街の夜
DowntownToronto
セントラル・アイランドから

旅行に便利
東京−九州・往復 < トロント−パリ
トロントの最大の利点はロケーションです。
南にバスで2時間、ナイアガラの滝。 飛行機でニューヨーク、ヨーロッパまでも、文字通り一飛っび。 ぶっちゃけ、東京から九州に帰省するより安く、 トロントから大西洋を越えてヨーロッパまで行って帰ってくることもできます。海外旅行好きにはタマリマヘン。

しかも、トロントの北には、カナダの首都・オタワ、カナダ2番目の都市・モントリオール、 北米のパリ・ケベック、カナダ極東の港町・ハリファックスもあり、東カナダは北米の観光地が集中しています。 個人的にはユネスコ世界文化遺産のケベックはお薦めで超Lovely~なところです。

またトロント自体も立派な観光都市です。 特に、夏場(5月以降)のトロントは絶好の観光シーズンで、週末のCNタワーは混雑していました。 セントラルアイランド、オンタリオプレイス(7月にはCART(チャンプカーとも呼ばれる)レースが開催された場所)、カーサロマ、ROM、ホッケーの殿堂など、アトラクション以外にも、チャイナタウンやギャベッジダウンなどエスニックタウンも人気があります。 そういう意味ではトロント全体がおおきなアトラクションです。

数あるアトラクションを節約しながらたくさん周るためのシティパスもあります。
シティパスはもともとニューヨークやサンフランシスコ、シアトルなどアメリカの観光地で売られていた旅行者用の割引チケットです。 買って最初に使った日から1週間以内にいくつかの観光地をまとめてまわりたいという人にはお買い得なチケットです。 トロントはカナダで唯一シティパスが売られているところなのデスヨ。ヘェ~。

DowntownToronto
オンタリオ州議事堂
DowntownToronto
メジャーリーグ観戦
DowntownToronto
ブラック・クリーク・パイオニア・
ビレッジにて

比べてみるカナダ各地の印象

バンクーバーの印象 |  ビクトリアの印象


 ●掲載内容について。 ●Topに戻る。 ●Homepageに戻る。
掲載内容は管理人そちぷのカナダ留学・トロント語学留学の体験をもとにした個人的な意見です。各人の責任においてご利用ください。