×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

そちぷのカナダ旅行記へようこそ!
 トロント・ビクトリア・バンクーバーなどカナダ各地でのカナダ旅行Tips、カナダ旅行記などを綴りました。
 ●Homepageに戻る | ●東カナダ周遊の旅のTOPへ | ●Montreal | ●Harifax | ●Quebec | ●Ottawa | ●ユースホステル宿泊メモ |
 そちぷのカナダ旅行記 東カナダ周遊の旅
 

オタワ旅行記
オタワ1日目 |  オタワ2日目 | 
オタワ1日目
昼過ぎにケベックを出た列車は、夕方オタワに到着した。
さすがカナダの首都か、オタワの駅は大きい。ほとんどいない人とのアンバランスも大きかった。だだっ広いところだった。 駅からダウンタウンまでバスで約10分。

フェアモントホテルを目印に降りようとしたのだが、ミスった。 手前にあるエルジンホテル(Lord Elgin Hotel)と勘違いして降りてしまった。 とにかくリドー運河を渡り、国防省のとなりを歩き、たどり着いたユースホステルにチェックインした。 実は、このユースホステルは今回の東カナダ旅行でも楽しみにしていたひとつだった。

カナダ国防省
カナダ国防省


オタワのユースホステルといえば、元牢獄で有名。実際、そこらじゅうに鍵があった建物はまさに刑務所といった感じ。 部屋のドアも鉄格子だし、シャワールームもいかにも刑務所みたいな感じ。正直、予想以上に刑務所だったので、そのまま使いまわすところに感心。 ひとまず、部屋に荷物を置いてから、バイワード・マーケットをぶらつくことにした。

ユースホステルから近いバイワード・マーケットは飲食店の多いエリアだ。 適当に見て歩き、ノートルダム大聖堂を過ぎて、カナダ国立美術館に到着したときには、すでに夕暮れになった。 暮れ行くオタワの景色もなかなかきれいだ。 同じオンタリオ州とはいえ、トロントとは違った雰囲気がいい。 フェアモントホテル前のリドー運河沿いの道はゴミ一つ落ちておらずきれいで、外灯もおしゃれだった。

バイワード・マーケットのハンバーガーレストランで夕食にして、牢獄ホステルに戻りオタワ初日終了。

ノートルダム大聖堂
ノートルダム大聖堂
カナダ国立美術館
カナダ国立美術館
リドー運河の夜景
夜のリドー運河沿い


オタワ2日目
牢獄ホステルで迎えた朝7:00。
早起きして、最上階の死刑囚の部屋に探検へ。牢獄ホステルの朝は物音ひとつしなかった。
階段をあがり、誰もいない最上階についた。 冷えた石壁がフロア全体を冷たくしており、死刑囚達が使ったであろうセル(独房)が、鉄格子が開いた状態で保存されていた。 ここは最高に肝試しに使えるところだ。セルの中にぽつーんと置かれた4つ足の椅子とか、妙に雰囲気が出ていた。 みんなでワイワイ見たい人は、ユースホステル主宰のガイドツアーがいいかも。

その後、ネピアン・ポイントまで歩いた。 リドー運河とオタワ川の交差地点から、オタワ川対岸のガディーノをながめつつオタワ川沿いに歩き、崖っぷちの階段を上ると、オタワ観光の目玉・国会議事堂へ到着した。 巨大な3棟からなる国会議事堂の全景を写真に収めるのは難しい。今回は道路反対側にある観光案内所の2階からパチリと撮影。

リドー運河その1
リード運河の河口へ
リドー運河その2
リドー運河とオタワ川の交差点
国会議事堂
国会議事堂


その後、スパークス・ストリートを歩き、ダウンタウンを探検するが、長旅の疲れが出始めてきた。 休憩がてらに、映画ヘル・ボーイを見ることにした。オタワとじぇんじぇん関係ない映画だが、オタワで見たという思い出もいいネタかなと。 ちなみにオタワのダウンタウンには2つのメジャー映画館があるとの事。 観光案内所の人曰く、今回行ったところはマシな方で、リドーセンターの中の映画館の方がしょぼいらしい。(実際しょぼかった)

不覚にもヘル・ボーイに感動した後、夕方オタワ駅に向かった。オタワ駅は、昨日と同じくだだっ広かった。 立派なチケットカウンターの隣を過ぎ、待合椅子で待つうちにトロント行きの列車が到着した。 同じ日の夜、無事にトロントのホームステイ先に帰宅して、今回のハリファックス・ケベック・オタワ、東部カナダ鉄道の旅は無事に終わった。 >>NEXTにススム

オタワ駅その1
オタワの駅
オタワ駅その2
オタワの駅(内)

編集後記
オタワの印象は、こじんまりしつつも近代的なビルがあり、きれいな感じの街。
しかし4月末はオタワ観光のシーズン外であり、今度行くのならチューリップフェスティバルの開催される頃か夏にしようと思う。

ちなみに今回の旅行先で、また行きたいと思うところは、やっぱりケベック。超Lovely~な街だった。

 ●Topに戻る。 ●Homepageに戻る。
掲載内容は管理人そちぷのカナダ旅行の体験をもとにした個人的な意見です。各人の責任においてご利用ください。