×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

そちぷのカナダ旅行記へようこそ!
 トロント・ビクトリア・バンクーバーなどカナダ各地でのカナダ旅行Tips、カナダ旅行記などを綴りました。
 ●Homepageに戻る | ●VIAカナダ横断のTOPへ | ●1日目 | ●2日目 | ●4日目 | ●Tips |
 そちぷのカナダ旅行記 カナダ横断VIAの旅
 

3日目 東カナダ快走
ダイニングカーで朝食 |  ウィニペグ到着 |  オンタリオの月夜
ダイニングカーで朝食
列車生活3日目、寝る・食う・眺める・遊ぶの生活パターンが板についてきても、6時起床の悲しいサガ。 勝手に目が覚めてしまった。

早起きしたついでに奮発してダイニングカーで朝食する事にした。 6:30のオープン前のダイニングカーの前には、はやくも数人が並んでいた。

テーブルの上に置かれた食器、さりげない花、なんか全てがゴージャス。 アメリカンブレックファースト(トースト・卵・ソーセージ・コーヒー・フルーツ)をオーダーした後、 周りを見渡しすと、ひとり世界の車窓から気分(笑)。

混雑しやすいダイニングカーは合い席ルールなので、食事途中から中年の白人カップルが向かい側に座った。 自然と挨拶になり、天気とか話しことになった。すぐに相手のプレートが運ばれて、席に戻ることにしたが旅の英会話は大好きだ。 その後読書デーに。
ウィニペグ到着
窓の外では、荒野の景色を過ぎたあたりから再び雪景色(針葉樹林帯だったと思う)が増えてきた。 この日、列車はウィニペグに停車した。

ウィニペグの駅は予想以上に大きかった。バンクーバーの駅より立派だと思った。 さすがクマのプーサンのオリジナル舞台といったところか。 駅構内には売店もあり、しかも駅は街の中にあるので、観光にも便利そうなところだ。

30分くらい停車時間があったので、駅そばのマーケットに買出しに行った。 駅の裏近くにあるマーケットまで徒歩で約5分。駅からも見えている。 マーケット内にはフードスタンドが超充実しており、中華料理・ベトナム料理・日本食・インド料理・ピザ・サンドイッチ・パン屋、悩むくらい色々あった。 りんご屋さんとか、試食させてくれたところもあった。 結局、夕食にカレーを買って列車に戻った。 自分の席でカレーを食べるのは気が引けて、スナックバーの食事席で食べた。
オンタリオの月夜
ウィニペグを過ぎると、窓の外の景色はいよいよ残雪が多くなり、 とうとう列車はトロントのあるオンタリオ州へ入った。 そこは寒い冬のカナダをイメージするような景色だった。 雪は降ってなかったけどめちゃ寒そう~なところ。

そんな3日目の夜は、ドームカーで夜空を眺めた。 真っ黒な空に黄色の欠けた月が浮かんでいた。 寂しい景色にも見えるし、不気味にもみえるし、とにかく静かな景色だった。 ずーっと眺めるには、冷えていたのでじきに席に戻った。

車中泊も3日目となると、さすがに疲れがすこし出始めた。 なかなか寝付けない。 2人分のシートの上で、あれこれ寝る体勢をかれこれ30分ぐらい試した。 横に寝てみたり、胎児のように丸くなってみたり、窓に座る格好になってみたり…と(笑)。 初日と違い、眠りがだんだん浅くなっていったのが自分でわかった。 結局、グーグー寝たけど。

明日はいよいよトロントに到着。 >> 次にススム
カナダ横断
ダイニングカーの朝食(C$9-)
カナダ横断
大平原のど真ん中のレール
カナダ横断
馬がいました
カナダ横断
ウィニペグに到着
カナダ横断
ウィニペグ駅のなか
 ●Topに戻る。 ●Homepageに戻る。
掲載内容は管理人そちぷのカナダ旅行の体験をもとにした個人的な意見です。各人の責任においてご利用ください。